2010年03月29日

BAR CASK AND STILL

今回はちょっと長めです。
イギリス系のバー『カスク&スティル』をご紹介します。
バーはなんと言っても店の雰囲気が大切ですよね!
お店は地下にあります。店内は、レンガの壁や暖炉、黒いテーブルや椅子を基調に、ろうそくの光がやさしく灯っていて、非常にシックで大人の雰囲気が漂っています。
お店の雰囲気を詳しく知りたい方は、以下のホームページをご覧ください!!
http://home.att.ne.jp/alpha/caskandstill/

最初にいただいたのが、「フィッシュ&チップス」です。イギリスのバーでは定番中の定番といってもいいメニューですが、魚のフライとポテトフライを、バスケットのかごに入れた装いになっています。ポテトフライはもちろん、魚のフライがサックリしていて非常においしいです。

お次は「自家製スコッチ・ハギス」というメニューです。
ハギスとは、羊の内臓をミンチしたものに、エンバク(オート麦)やたまねぎやハーブを混ぜて作った食べ物のことをいいます。
一般に、ハギスには、グレイビーソースと呼ばれるソースが、味付けとして使われています。このソースは、肉汁をもとにして作られています。しかし、同じグレイビーソースでも、店によって配合・調合に差があるので、ハギスの味付けも異なってきます。このお店では、ソースに、シェリーというワイン(スペイン南部アンダルシア産)がアクセントとして加えられているそうです。
ハギスのメインは内臓ということで、お店のマスター曰く、食べる人によってちょっと好き嫌いが分かれるそうです。食べてみると、パサパサしていて、淡白で控えめな味がしました。一回食べてみただけでは断言できないですが、スコッチワインを片手に何度も味わってみれば、どんどんやみつきになっていくのかもしれません。玄人好みの料理と言えるでしょう。

スコッチ・ハギス
Scotch Haggis

お次は、「四部位の赤ワイン煮込み」という料理を食べました。
メインは豚肉が使われています。4つの部位が何なのか、想像するのが怖くて聞けませんでした(笑)。
その名のとおりシチューには赤ワインが使われているのですが、店員さんの話では、他のお酒もブレンドされているそうで、季節やイベントの移り変わりにつれて、シチューの味も変わっていくとのこと。時には、おすすめしたいヨーロッパのお酒がブレンドされることも。お店の常連になれば、新しい発見がいろいろと出てくるのではないでしょうか。マッシュポテトも添えられていて、いいアクセントになってます。

赤ワイン煮込み

最後に紹介するのが、ジュラバーガーです。店員さんの話では、スコットランドにジュラ島というのがあって、そこにあるホテルで生まれた料理なのだそうです。ちなみにその島は、アイルオブジュラという名のスコッチウィスキーの誕生地としても知られているとのこと。一般に鹿の肉には癖がありますが、はさんでいるパンがパリッとしていてなかなかおいしかったのです。

ジュラ・バーガー

マスターや店員さんからお話を伺っていると、イギリスのバーのお酒や料理が、長い経緯を重ねてつくりあげられていることがわかって、非常におもしろいです。ぜひカスク&スティルにご来店ください。きっと、お店のメニューを通じてイギリスの深い文化を学ぶことができるでしょう!!!
posted by 西川口 見てある記 at 15:14 | TrackBack(0) | その他飲食

インド料理 グレート・カルカッタ

今回は、駅前に位置するグレート・カルカッタにやって参りました。
名前から御想像のとおり、インド料理のお店です。
店の中は、インドの内装や絵画や音楽で満たされています。

店長さんはインド南部出身の人で、来日してずいぶん経つそうです。
ランチの時間(11:30〜15:30)は、ナンもしくはライスが無料でおかわりできますので、まずはお昼時に行ってみることをオススメします!! ちなみに、本場のインドでは、ナンよりもチャパティの方が主流です、念のため。

この店には11種類のカレースープがあります。その中から、私はマトンカレーを選び、一緒に店に来た後輩は、一番オーソドックスなチキンカレーを選びました。カレーには、ナンもしくはライスをつけて食べるのですが、私たちは二人とも、ナンをカレーのパートナーに選びました。

カレーとナンが同時に運ばれてきたのですが、まずはナンをそのままカレーに浸すことなく食べてみました。ふっくらとしていて、食感もパリッとしています。表面に塗られたこはく色の油が食欲をそそり、香ばしい味わいとなっております。

次に、ナンをカレーに浸して食べてみました。マトンカレーに使われているルーは、本場インドでは相当な辛さを誇るようなのですが、このお店のマトンカレーは、それほど辛くありません。たまにピリッとするていどですので、程よい辛さを味わえます。なお、マトンには、日本のインド料理店では羊の肉が使われています(本場インドの家庭ではヤギの肉を使用するそうです)。チキンカレーはとっても口あたりがマイルドです!

最後にオプションとして、タンドリーチキンとシーク・カバーブを食べました。タンドリーチキンは鶏肉を壺窯で焼いたもの、シーク・カバーブは羊肉を串焼きにしたものです。タンドリーチキンは香ばしく、シーク・カバーブはさっぱりとしたお肉に仕上がっています。ちなみに、ドリンクはラッシーを頼みました。こちらは濃いヨーグルトのような味わいでした。

カレー通の方はぜひ一度、西川口のグレート・カルカッタにお越しください!!!
posted by 西川口 見てある記 at 15:11 | TrackBack(0) | アジア・エスニック

パレスチナ料理 グリーングラス

今回は、パレスチナ料理をいただきました!!
お店は、コラボ西川口のすぐそばにあります。
この店は、パレスチナ人の兄弟が経営しています。

私がおとずれた時は、弟さんが応対してくださいました。
弟さんは、若くてとってもハンサムです。女性の方もけっこういらっしゃっている様子が、お店に貼られている様々な写真からうかがえます。

パレスチナ料理とはいっても、メニューの多くは、歴史上同じイスラム圏だったことのあるトルコや、トルコ系民族がかつて往来していた中国に住むウイグル人たちの間でも、似たような料理が食べられているそうです。

はじめにいただいたのが、ドネルサンドというメニューです。
IMG_0365.JPG

ピタと呼ばれるパンに、ドネルケバブ(お肉を串に刺して焼いた料理のこと)をもとにしてつくった羊の肉や、トマトやレタスや玉ねぎをのせ、その上に濃厚なドレッシングをかけて食べます。私は玉ねぎがかなり苦手なのですが、このサンドの玉ねぎは癖がなくて、ヴォリュームをたっぷり堪能することができました。
個人的には、今回いただいた料理の中で、一番のおススメです!!


続いて食べたのが、シシケバブというメニューと、マンサフという料理です。
IMG_0375.JPG
IMG_0369.JPG

シシケバブは、ドネルケバブと同じ羊肉がメインなのですが、ドネルケバブよりも肉の味がさっぱりしているので、女性の方にも食べやすいものとなっています。マンサフは、中東のチャーハンと呼ばれている飯料理で、ドネルケバブと同じようなトマトテイストで仕上げられています。味はチャーハンよりはピラフにちょっと近いかもしれません。


最後にいただいたのが、バクラワというデザートです。
IMG_0382.JPG

細かく切り刻んだナッツと凝縮された甘い蜜で満たした、フィーロと呼ばれる小麦の生地を、層にして作り上げた、スウィーツの傑作です。
実は、私、このデザートを食いそびれてしまいました(涙)。一緒に食べた人が、あっという間に平らげてしまったのです。きっと、おいしかったにちがいありません。
どんな味がするかは、お店に来てのお楽しみに!!!
posted by 西川口 見てある記 at 15:08 | TrackBack(0) | アジア・エスニック

2010年03月05日

ぢどり亭

ぢどり亭は、私たちの活動拠点であるコラボ西川口のお隣にあります。
店長は浦和レッズの熱狂的なサポーターです。レッズの広報誌も置いてあります。
ここのおすすめ料理は、やはり何といっても鶏肉です。

鶏のお刺身
鶏のお刺身

まずはビールと一緒に『鶏のお刺身』からいただきました。
鶏のお刺身なんて少し珍しいなあと思いましたが、食べてみると意外にサッパリしています。あとあじがいくらかまったりしているため、魚介類のお刺身よりも箸がすいすい進みます。ビールや他のおつまみともあいまって、僕自身の一番のお気に入りです!!

チキン南蛮フライ
チキン南蛮フライ

お次はメインディッシュの『チキン南蛮フライ』です。
このメニューは、一言でいうと、とってもヴォリューム満点です!!
揚げたチキンフライは、いったんソース(ウスター?中濃?)に浸した後、さらにタルタルソースをかけて食べます。二つのソースが絡み合って、濃厚なハーモニーを奏でています。特にタルタルソースは、手作り感が伝わってきておもしろいです。
このメニューは、とにかくヴォリュームがありますので、ひとりでは食べきれません。2人以上で食べましょう。リーズナブルな値段なので、一番のおすすめメニューです。

最後にご紹介するのが、『もも炭火焼』です。
もも肉の中にはいくらか赤みがあり、肉のジューシーな旨みを伝えています。
かみごたえもあって、御満足のいただけるメニューとなっています。

様々に工夫料理された鶏肉を食べてみたいという方は、ぜひぢどり亭にお越しください!
posted by 西川口 見てある記 at 20:09 | TrackBack(0) | 居酒屋

とんこつラーメン リンダ★マン

西川口駅前に昨年11月にオープンしたラーメン「リンダ★マン」にいきました。ちょっと前までは居酒屋でしたね。

博多ラーメンのお店で、豚骨ラーメンがメインです。券売機で先払い方式で、メインのメニューは、白とん(580円)、黒とん(680円)、赤とん(680円)、鬼とんの4種類。魚介とんやこってりりんだなどもあります。トッピングは味玉やネギ、もやし、チーズ、辛みそなどがあります。サイドメニューでごはんものも充実。

今回は黒とんをオーダー。さらにトッピングで味玉をつけてみました。

黒とん + 味玉
黒とん+味玉

黒とんは、博多ラーメンの細めの麺に、ベースは白い豚骨スープ、そして黒いスープがかかっています。その場で炭火であぶったチャーシューに、のりとキクラゲがのっています。麺の大盛りは無いですが、替え玉ができます。
麺の量は普通でしょうか。お腹がすいているときは、替え玉をするか、ごはんものをいっしょにオーダーしたい量です。

角ハイボールをおしているらしく、角ハイボールと餃子やチャーシューなどのセットがあります。夜は飲みにいって、軽く一杯やったあとラーメンでしめるなんていうのもいいですね。


白とん : 580円
黒とん : 680円
赤とん : 680円
鬼とん : 880円
トッピング : すべて100円
全部のせ1,100円
替え玉 : 150円
ごはんもの : 250円

リンダ★マン
埼玉県川口市西川口1-5-1

posted by 西川口 見てある記 at 17:12 | TrackBack(0) | ラーメン

二幸『おそばやさんのハヤシライス』

西川口駅すぐのそば処二幸にやってきました。
私たちにとって、すっかりお馴染みのお店です。
今回ピックアップするのは、噂の、『おそばやさんのハヤシライス』です!!
何が噂なのかと申しますと、このメニュー、昨年11月に川口市で行われたB級グルメ大会で、見事入賞を果たしたのです。

おそばやさんのハヤシライス
おそばやさんのハヤシライス 700円

二幸のハヤシライスは、ちょっとばかり特別なんです。それはなぜかと言うと、ハヤシライスのルー(ソース)に、隠し味が含まれているからなのです。

ここだけの話、隠し味には、「割り下」という調味料が使われています。
割り下とは、かつおや昆布などのだし汁に、醤油や酒やみりんを混ぜた、合わせ調味料のことを言います。一般にこの調味料は、親子丼や他人丼などの丼物や、そばのだしとして用いられます。

二幸はなんと、そうした和食に使う合わせ調味料を、洋食のイメージが近いハヤシライスに応用しました!!その画期的な挑戦は見事成功し、デミグラスソースの深みがさりげなく増しています。このさりげない変化が、グルメ大会の高い評価につながったのでしょう。

二幸のデミグラスソースには独特な甘みがあり、子供にも親しみやすいものになっています。また、濃厚なルーがたっぷりご飯にかかるようにできているので、じっくり味わいたんのうすることができるはずです!
ご飯の量もほどよく、女性にも満足のいくものに仕上がっています。

お店の雰囲気は和風ですが、おそばやさんならではのハヤシライス、ぜひ一度ご賞味あれ!!!
posted by 西川口 見てある記 at 13:37 | TrackBack(0) | 和食

かつ栄

かつ栄
駅前の繁華街から離れて、住宅街の真ん中にあるトンカツ屋「かつ栄」にいきました。マンションの1階にあるお店で、店内はなかなか広く、雰囲気は定食屋や中華料理店風でしょうか。

ランチタイム(15:00まで)はサービスランチ(800円)があります。サービスランチは、ロースとんかつ、チキンかつ、ひれ一口かつ、ハンバーグ、焼肉などがあります。エビフライやカニコロッケ、さらにはどんぶりものやカレーライスなどもあって、幅広い品揃えでいろいろな物を食べることができます。おつまみやドリンク類も充実しています。

今回はサービスランチの中から、ロースカツとチキンカツを注文しました。(注文してから気づきましたが、ヒレカツがおすすめだったようです。)

チキンカツとセット ロースカツ
チキンカツとロースカツ(いずれもサービスランチ800円)

ロースカツは肉厚でこってりジューシー、チキンカツも肉厚なのですがこちらは比較的あっさりしています。どちらもオーソドックスにソースをかけて食べましたが、やはりカツにはソースですね。抜群のコンビネーションです。
サービスランチは味も量もなかなかです。サービスランチにはごはんにみそ汁、お新香もついています。食後にはコーヒーもついていて、満足でした。
出前もやっていただけるそうです。

かつ栄
埼玉県川口市西川口1丁目41-1
11:00〜21:30
月曜日定休日
posted by 西川口 見てある記 at 13:25 | TrackBack(0) | 和食

焼肉 南光苑

西川口駅西口のメインストリートからすこしはずれたところにある焼肉「南光苑」にいってきました。なかなか古い建物で、ちょっと入りづらい雰囲気もありますが、なんだか古き良き時代の懐かしい外観で、興味をひきます。店内も同様で、最近のチェーンのポップなカンジではなく、落ち着いたアットホームな気持ちで過ごせます。お店の方に聞いたところ、オープンから50年が経つそうです。西川口駅ができたころからの老舗ですね。
メニューを見ると、もちろん焼肉がメインですが、焼肉以外にも海鮮物類や、韓国料理のスープや鍋物、麺類、ごはんなど幅広い品揃えです。
最初はビールを注文し、いっしょにおすすめだという牛タンを注文しました。(この日はちょうど牛タンが安くなっていました)

タン塩
牛タン塩 450円

まずはビールで乾杯すると、牛タンがやってきました。強火で焼いていくと、じんわりと肉汁があふれてきます。食べてみるとなかなか肉厚で、おいしく焼けたお肉の香ばしい味が広がります。さっぱりしていながらもジューシーでほどよく、ビールにあいます。韓国のマッコリでもいいですね。

ネギカルビ
ネギカルビ 1,600円

続いて頼んだのが、これもおすすめというネギカルビ。写真を見ていただければ分かりますが、カルビの上にたっぷりとネギがのっています。ポイントは、ネギがうえにのっているので、ひっくり返さずに焼くこと。食べてみると、アツアツでありながらネギは半生で、ねぎの香りとカルビのちょっとこげた香りにカルビの味がマッチします。ねぎといっしょなので、カルビだけのときよりさっぱりしていますが、これもごはんよりビールとの相性が抜群です。

上ミノ
上ミノ 900円

最後は上ミノ。味がしっかりとつけられて出されます。味はしっとりとしていて、ミソの香りが香ばしい。

ナムル
ナムル 450円

上ミノといっしょにナムルもオーダーしました。ミノなどホルモンはこってりとしていますが、ビールといっしょにナムルもつまむとさっぱりとしますね。

落ち着いて焼肉を食べる事ができ、話しながら楽しく焼肉タイムを過ごせます。この辺はあわただしいチェーンの焼肉屋にない魅力ですね。また、オーダーで迷ったらお店の方におすすめを聞いてみるといろいろ教えてくださいます。

コースもあります。焼肉だけでなく海鮮ものも入ります。おすすめのディナーコースとして、焼肉ディナー、お刺身ディナー、スタミナディナー(各2,500円)などがあるようです。
これから夏に向けて、ビールを飲みながら焼肉ディナーはいかがでしょうか。

生ビール 600円
マッコリ 800円

焼肉 南光苑
埼玉県川口市西川口 1-23-14
posted by 西川口 見てある記 at 12:46 | TrackBack(0) | アジア・エスニック

2010年03月04日

創作洋麺 光や

西川口東口を降りてバス通りを一本入ったところ、飲食街が連なっている一角の二階にひっそりとたたずむ創作洋麺「光や」

ちょっと場所が分かりにくいお店ですが、かなりオススメのお店なので紹介したいと思います。

「創作」とあるようにこのお店で出すのは一風変わったメニューです。
実は麺だけでなくご飯ものもあったりします。
今回は3人でランチに行ったのですが、皆ガッツり食べたい感じで、それぞれパスタと「ハーフ・ミートライス」を頼みました。パスタメニューはサラダとスープとソフトドリンクがついて735円〜787円とかなりお得。ハーフミートライス294円と合わせて1000円ちょい。ちょっと贅沢なお昼ご飯です。

こちらは「ハーフミートライス」とパスタメニューのセットのサラダ
ハーフミートライスには通常サラダはついてきませんのでご注意を
CA340147.JPG

ミートライスはこのお店のオリジナルメニューだそうですが、
この特製ミートソースがなかなか乙な味で、温かごはんと良く合います。
写真だとちょっと分かりませんが、「ハーフ」といってもご飯一杯分は軽くあります。美味しいんだけど量的にはこの半分(クオーター)でいい感じ。

こちらは「小海老のクリーム」
CA340148.JPG
クリームが滑らかで、ぷりぷりの海老に絡めて食べると美味しい。

「キノコの辛ミート」
CA340150.JPG
ちょっぴり辛めです。キノコがいい味だしています。

「ツナ&ホーレン草(とまと味)」
CA340151.JPG
トマトがちょっとあまめで、ほうれん草が多く、具がたっぷりと行った感じです。

いずれもボリュームたっぷりで、210円で大盛りも出来るのですが、ちょっぴり多めに食べたいなという人も普通サイズで良いというぐらいです。

スープは醤油ベース?のちょっと和風なテイスト。定食用?

セットについてくるドリンクは「コーヒー」「紅茶」「緑茶」「ウーロン茶」から選べます。


全体的に店の雰囲気が落ち着いていて、食後にコーヒーを飲みながらゆっくりくつろげます。店員さんのサービスも良く、注文時には苦手なものの配慮(ニンニク、ピーマン等)など行ってくれるなど、とてもアットホームで度々利用したくなってしまいました。


創作洋麺 光や
川口市並木3-10-13 2F
TEL 048-258-9939

Lunch 11:30am~14:30pm(ラストオーダー14:00pm)
Dinner 17:30pm~2:00am(ラストオーダー1:30am)
不定休


大きな地図で見る
posted by 西川口 見てある記 at 16:20 | TrackBack(0) | 洋食

2010年03月01日

串焼き処 日比谷 鳥こまち 西川口店

鯛焼きジョニーの隣の鳥こまちに行ってきました。

外観・内装ともにお洒落できれいなお店です。
テーブル席が7つとカウンターが3席ほどあります。

おすすめは山手線のトレインビジョンでも紹介された
“上州地鶏のつくね串 月見つくね”
DSC04540.JPG

甘辛いタレと月見がうまい!
つくねも柔らかくて絶句してました(笑)

人気の“とりわさ”
DSC04538.JPG

半生でつゆとネギとの相性抜群!

串焼き処だけあって串焼きの種類がいっぱい!
ドリンクも焼酎などメニュー豊富でした。

今回はソフトドリンクだったので今度はビールと食べたい料理ばかりでした。
DSC04548.JPG

宴会コースも1900円からあり、またぜひ行きたいお店が増えました!

おいしい串焼きとうまい酒
ちょっぴりおしゃれな雰囲気で
リーズナブルなお値段
すこしずついろいろな串焼きを楽しめる
そんなお店です。


串焼き処 日比谷 鳥こまち 西川口店
川口市西川口1-22-15
048-255-6789
18:00〜23:00
posted by 西川口 見てある記 at 16:47 | TrackBack(0) | 居酒屋