2011年03月26日

東北地方太平洋沖地震のお見舞い



東北地方太平洋沖地震で被災された方に、お見舞い申し上げます。

川口市は、かつて「キューポラのある街」として全国に有名になった鋳物工場のまちで、昭和30年代には、東北地方(岩手、秋田、宮城、福島)からたくさんの若者が集団就職で、「金の卵」としてやってきました。東北地方にもご親戚、知人など関係者がたくさんいらっしゃるかと思います。

shudanshushoku.jpg
集団就職に向かう生徒を見送る家族たち[*]

現在も川口には東北出身の方がたくさんいらっしゃいます。その由来のコミュニティや生活風習も引き継がれているように思います。

110315.jpg
居酒屋「広瀬川」(西川口)
仙台出身の店主さんが経営。客にも東北出身者が多い。

 ご縁を忘れず、埼玉川口市から東北復興にできること、考えてゆきたいと思います。


[*]
YOMIURI ONLINE 読売新聞
都市と地方 追い求めた豊かさと安定 より転載
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/kikaku/056/2.htm
posted by 西川口 見てある記 at 10:35 | TrackBack(0) | まち

2011年03月11日

東日本大震災 西川口

2011年3月11日の東日本大震災で
西川口でも揺れ、一部の建物に被害が出ているほか、
店舗などでも若干の被害がありましたが、
人への大きな被害はなく無事でした。

IMGP4096.jpg

コ・ラボも棚などが大きく揺れたものの、
転倒防止器具のおかげで、棚のものが2、3落ちただけでした。
posted by 西川口 見てある記 at 17:09 | TrackBack(0) | まち

2011年03月05日

焼シューマイのまち (二幸・西川口)


埼玉県川口市の2011年B級グルメ大会で優勝したのが焼シューマイ。皮がパリっとして大好評だった。優勝した中華料理店、異味香(イーウィーシャン)が出品した彩の国黒豚を使った焼焼売(漢字で書くとおもしろいですね)。異味香のある西川口の地元で一気に評判が広がった。中華に限らず、日本料理、家庭料理、居酒屋、バー、弁当屋などの間で賛同飲食店がまたたく間に増え、現在は16店舗に。協力して焼シューマイをPR、「焼焼売のまち」で活性化をめざすという。

今日は「二幸」の焼シューマイとそばのセットをいただきました。
yakishumai.jpg

鶏肉でつくったシューマイ。粗びきでもちもち感が残っていて美味。
ワザビとゆずごしょうがついて、和風の新感覚。ビールにもあいそう。

いろいろな店の焼シューマイを食べてみたい。

焼シューマイとそばのセット 1000円

二幸(西川口/そば・天麩羅)
川口市西川口1-5-4
posted by 西川口 見てある記 at 03:16 | TrackBack(0) | 和食