2011年04月26日

彩国黒豚焼焼売(アニメ更新)


彩国黒豚の焼焼売のアニメが更新されました。いっそうおいしそう!

shumai.gif


製作 アイメージ(山川賢一郎・もろがまさし)
posted by 西川口 見てある記 at 22:15 | TrackBack(0) | 中華

2010年02月16日

中華料理 文忠(ぶんちゅう)

陸橋の通りを一本入ったところマンションの一階にこじんまりとした中華料理屋がありました。表の看板には「手作りブレンド味噌ラーメン」という看板が。中華料理屋なのに味噌ラーメンを全面に押し出すという珍妙なテイストに引かれて思わず入ってしまいました。

店に入るとおやじさんが一人。
テーブル席が2つ、カウンター席が7、8という小さなお店。
第一印象は「厨房とテーブルがやたら近い」
最近食べるのに集中したいというお客さんの為に厨房を一段高くしたり壁で遮ったりして物理的・精神的に遠ざけるお店が多いのですが、このお店はなんというかフラット&オブジェクトフリー。ある意味新鮮。

メニューも一風変わったものがあります。
マーボーつけ面、石焼きやきそば、などなど、斬新なセンスが光っています。久々にわくわくするお店です。

ですが一回目で冒険はしません。ここは表の看板にあった本格味噌ラーメンを無難に頼みます。

注文すると目先2、3mのところで早速調理が始まります。
障害物がないので調理過程は全て丸見えです。本当の食の安全志向ってこういうことをいうんでしょうか。

なんてくだらないことを考えている間にあっという間に調理完了。
IMG_0157r.jpg
IMG_0158r.jpg

味は正に正統派といったところ。
濃厚な味噌スープにちぢれ面が相性よし。
とりわけ感動もないですが、不可もなし。
若干チャーシューが薄いのが玉にきずかな。

次行ったときは是非石焼やきそばかマーボーつけ面に挑戦しようと思います。

文忠
048-251-9737
埼玉県川口市西川口1-27-12

手作りブレンド味噌ラーメン700円
マーボーつけ面700円
ラーメンセット半チャーハン950円
石焼きやきそば850円
posted by 西川口 見てある記 at 13:57 | TrackBack(0) | 中華

2010年02月13日

からだにやさしい中華 太月

この前とは違って、雪が降るほど寒かったですね。
体が温まるものが食べたい!と思ったので
ラーメンを食べてきました。

西川口駅の西口を降りて、正面の大通りを行き、
ひとつめの交差点を右に曲がったところにある「太月」です。

店内はカウンターとテーブル席が3つほど。
気負わずに入れて、落ち着いてご飯が食べられます。

ちょっと遅めの昼ご飯になりましたが
「川口ラーメン」にすることに決定!
やっぱり川口ならではのものに惹かれてしまいます。

おしぼりと一緒に出てきたのは、ジャスミン茶でした。
いい香りだし、温まります。


IMG_1142[1].jpg
こちらが川口ラーメン。
ボリュームたっぷりで650円。

細麺と塩ベースのあっさりしたラーメンです。
上の野菜炒めもとろみがついいて、これがまたおいしいです。
キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、そしてひじきと油揚げ!
これは・・・キューポラ定食の鉄骨いなりにちなんででしょうか。

いっしょにタバスコが出てくるので、
後半はちょっと入れてみました。
塩のあっさりした味に、ピリッとしてこれもおいしかったです。


実は最後に杏仁豆腐をサービスしていただきました。
舌がピリッとしていたので、食後にピッタリでした!

中華というと油がいっぱいというイメージですが
野菜たっぷりで、あっさりとした中華料理屋さんです。

お酒も種類豊富ですので、ディナーにもおススメです。

からだにやさしい中華
太月―たげつ―
川口市西川口1-6-5
048-256-2229
posted by 西川口 見てある記 at 14:39 | TrackBack(0) | 中華

2009年11月20日

異味香(イウィシャン)

中華料理といえば大抵「横浜」「元町」といった地名を連想しがちだが、実はここ西川口に本場をしのぐほどウマイ中華料理店があった。その名も「異味香」(イーウィシャン)。この店、アド街やその他のメディアにも何度となく取り上げられるほどの人気店。前回は満席で入れなかったので今回リベンジである。見た目もおいしい異味香の料理、今回は大きめの写真でご紹介します。

店内に入ってまず目に付くのはフルオープンの調理場、そしてそこにたたずむヒゲを伸ばした味な風貌のコックさん。ジャッキーチェンの映画に出てきてもおかしくない。孔子の72代目ということらしいが、本物の孔子なんじゃないかと思うくらい、黙々と調理に打ち込んでいる姿がなんとも徳高い。
そしてこれまた名物お母さんがエプロン姿で暖かく出迎えてくれる。決して広いとはいえない店内であるが、このダブルタッグが肌身で感じられる距離というのが絶妙にイイ。

さて、席についてまずビールを頼む。
出てきたのはなんとサッポロ黒ラベル。川口にはサッポロビールの工場があったわけで、なるほど、地元を愛しているんだなぁと。もちろん山東が本場の青島ビールもあるようです。
お通しも出てきてとりあえずそれで乾杯。

喉を潤したところで料理を注文。
とりあえずうわさの煎餃子と水餃子、ユリの花のつぼみと芝海老の炒め、炸醤麺を頼む。
牡蠣のチリソースもオススメということだったが、今回は見送り。

まず出てきたのは水餃子
IMG_0426rr.jpg
熱々ぷりっぷり。専用のタレをつけて食べる。ビールに良く合います。
私は黒酢をつけて食べるのが好きなので、黒酢をいただき絡めて食べる。これがまた餃子の味を一層に引き立てる。実は本場中国では水餃子は黒酢だけで食べるのです。日本のように餃子がご飯のおかずというわけではないので、黒酢だけで十分。むしろ黒酢だけのほうが餃子の味を十二分に発揮できます。

次に“ユリの花のつぼみと芝海老の炒め”
IMG_0428rr.jpg
写真のインゲンのような緑色のものがユリの花のつぼみです。根っこは日本でも食べるけど、花のつぼみは珍しいなぁと。なんともいえない、まさに西川口初な食感を堪能しました。

そして煎餃子
IMG_0433rr.jpg
「まずは何もつけないで」ということで、言われるまま口にほおばる。なんか、餃子とは思えぬ豊潤な香りが・・・!!。聞くとこの餃子、中国本土ではありえないほどたくさんの食材を使って餡を作っているそうです。「中国では食べられないよ!」といいますが、確かにここまで風味豊かな餃子は初めて。もちろん、タレ、黒酢をつけてもおいしくいただけます。二度楽しめる。

極めつけは炸醤麺。
IMG_0436rrr.jpg
肉ミソと麺が別々に出てきて混ぜて食べるのですが、これが今までの炸醤麺を覆すほどおいしい。ほんと、今までの炸醤麺はなんだったのかと。友人と顔を合わせて「ウマイ・・・」と悶絶。
韓国では、バレンタインデーに何も起こらなかった“喪男”たちが4月14日に揃って黒い服を着て炸醤麺をたべるという“ブラックデー”というなんとも楽しい行事があり、各言う私も男子校時代、仲間とやったことがありますが、この異味香の炸醤麺は毎日食べに行ってもいいと思うくらい。

追加で春餅(チュンビン)を注文。
IMG_0440r.jpg IMG_0442r.jpg IMG_0443r.jpg


注文するとまず中の具(卵のオムレツ、野菜炒め、きゅうり等)と味噌が出てきて、続けて皮が焼きたてほやほやで出てきます。
それをお母さんがくるくるっと手際よく巻いてくれて完成。
非常にボリュームがあります。
春餅の春というのは、春にになると植物が萌え出でて、それら新野菜をこれでもかとギュッと詰め込んだものを迎春の喜びとともに食べようということらしいです。日本でいう七草粥みたいなものでしょうか。(あれはどちらかというと胃休め?)


トータルで非常に満足というか、かなり幸せになれました。
これは間違いなくA級。

リピーターが多いというのも頷けます。

ちなみに煎餃子は今月29日に開催される「川口B級グルメ大会」に出品するそうです。異味香の餃子が気軽に食べられるということで、この機会に是非味わってみてはいかがでしょう?


煎餃子 ¥365
ユリの花のつぼみと芝海老の炒め ¥1,890
炸醤麺 ¥1050

----------------
異味香
定休日:月曜日(祝祭日の場合は営業)
営業時間: (火〜土) 17:00〜3:00
(日・祝日)17:00〜0:00
埼玉県川口市西川口1−26−24
TEL:048−258−3256


大きな地図で見る
posted by 西川口 見てある記 at 00:10 | TrackBack(0) | 中華

2009年11月02日

珍來 西川口西口店

西川口駅西口を出てすぐの「珍來」さんに行ってきました。
外見は古きよきラーメン屋さんという感じでしょうか?

12:00ごろ行くと、お客さんが6〜7割ほど入っており、そのあとも続々と入ってきます。席に着くと、すぐにオーダーを取りにきたので、おすすめを聞いてみたところ、セットメニューを差したので、いくつかある中からラーメンに餃子、ライスのついた「武南定食」(880円)をオーダーしました。
その他には、各種ラーメンやチャーハン、餃子などの単品料理や中華料理の定食セットなどがあり、武南定食と並んでお勧めと言うセットは半ラーメンと中華丼やマーボー丼などのごはんものとのセット。ボリュームたっぷりです。日替わりで100円引きになるメニューもあります。
また持ち帰りできるおみあげメニューもあるようです。

武南定食
武南定食は、おそらく東口にある武南高校から取っていると思われますが、「武南定食」は、ボリュームたっぷりのまさに高校生向けのメニューでした。
ラーメンはオーソドックスながらなつかしい味のするラーメンで、大きなどんぶりになみなみと入ったスープと、大きく厚切りのチャーシュー、たっぷりのったメンマとネギと、十分な一品です。
餃子は、ほかのお店よりも1つ1つが大きく、そんな餃子が5個もいただけます。食べてみると、かなりアツアツの肉汁がにじみ出てきます。おなかがすいているからといって焦って食べると、きっとやけどすることでしょう。

ボリュームたっぷりで満足でしたが、880円は学生にはちょっと高めかとも思います。高校生向けならあと100円安いといいのではないかと思います。(たとえば高校生の学生証を見せたら100円引きなど)

珍來 西川口西口店
埼玉県川口市西川口1-3-14
月、火、木、金、土:11:00〜翌1:00
日:11:00〜22:00
水定休

posted by 西川口 見てある記 at 13:44 | TrackBack(0) | 中華