2010年03月05日

ぢどり亭

ぢどり亭は、私たちの活動拠点であるコラボ西川口のお隣にあります。
店長は浦和レッズの熱狂的なサポーターです。レッズの広報誌も置いてあります。
ここのおすすめ料理は、やはり何といっても鶏肉です。

鶏のお刺身
鶏のお刺身

まずはビールと一緒に『鶏のお刺身』からいただきました。
鶏のお刺身なんて少し珍しいなあと思いましたが、食べてみると意外にサッパリしています。あとあじがいくらかまったりしているため、魚介類のお刺身よりも箸がすいすい進みます。ビールや他のおつまみともあいまって、僕自身の一番のお気に入りです!!

チキン南蛮フライ
チキン南蛮フライ

お次はメインディッシュの『チキン南蛮フライ』です。
このメニューは、一言でいうと、とってもヴォリューム満点です!!
揚げたチキンフライは、いったんソース(ウスター?中濃?)に浸した後、さらにタルタルソースをかけて食べます。二つのソースが絡み合って、濃厚なハーモニーを奏でています。特にタルタルソースは、手作り感が伝わってきておもしろいです。
このメニューは、とにかくヴォリュームがありますので、ひとりでは食べきれません。2人以上で食べましょう。リーズナブルな値段なので、一番のおすすめメニューです。

最後にご紹介するのが、『もも炭火焼』です。
もも肉の中にはいくらか赤みがあり、肉のジューシーな旨みを伝えています。
かみごたえもあって、御満足のいただけるメニューとなっています。

様々に工夫料理された鶏肉を食べてみたいという方は、ぜひぢどり亭にお越しください!
posted by 西川口 見てある記 at 20:09 | TrackBack(0) | 居酒屋

2010年03月01日

串焼き処 日比谷 鳥こまち 西川口店

鯛焼きジョニーの隣の鳥こまちに行ってきました。

外観・内装ともにお洒落できれいなお店です。
テーブル席が7つとカウンターが3席ほどあります。

おすすめは山手線のトレインビジョンでも紹介された
“上州地鶏のつくね串 月見つくね”
DSC04540.JPG

甘辛いタレと月見がうまい!
つくねも柔らかくて絶句してました(笑)

人気の“とりわさ”
DSC04538.JPG

半生でつゆとネギとの相性抜群!

串焼き処だけあって串焼きの種類がいっぱい!
ドリンクも焼酎などメニュー豊富でした。

今回はソフトドリンクだったので今度はビールと食べたい料理ばかりでした。
DSC04548.JPG

宴会コースも1900円からあり、またぜひ行きたいお店が増えました!

おいしい串焼きとうまい酒
ちょっぴりおしゃれな雰囲気で
リーズナブルなお値段
すこしずついろいろな串焼きを楽しめる
そんなお店です。


串焼き処 日比谷 鳥こまち 西川口店
川口市西川口1-22-15
048-255-6789
18:00〜23:00
posted by 西川口 見てある記 at 16:47 | TrackBack(0) | 居酒屋

2010年02月24日

広瀬川

西川口「広瀬川」

西川口駅西口の広瀬川へ行ってきました。

昭和の雰囲気を醸し出す店内には常連さんと思われるおじさんたちがたくさん。
僕が行った時にはオリンピック中継で盛り上がっていました。

メニューでまず驚くのがその安さ!
やきとん一皿がどれも280円です。

今回はハツ、タン、カシラ+ビールを注文しました。

隣のおじさんに伺ったところ、このお店はもともと東口の方にあり、数年前に西口へ移転したそうです。
移転前は肉に最初からタレがかかっていたけれど、
移転してからは好きな時に自分でタレをかけるようになったそう。

通な食べ方を教えていただき、タレをかけてから焼くと…やはり旨い!
値段相応の量かと思っていましたが、ボリュームもあり、千円ちょっと出せばおなかいっぱい食べれて飲めると思います。
臭みも全然ない新鮮な肉でした!なぜこんなに安いんだろう・・・

それからウーロンハイなどを頼む時には焼酎とウーロン茶が別に来て、自分の好みで割ることができます。
焼酎だけが足りなくなったら「ナカ頂戴」といって焼酎だけ追加してもらうのがベテランなんだそうです。

今回はやきとんを注文しましたが、鍋もオススメとのこと。
次回はぜひ鍋にも挑戦してみたいと思います。

ところで一品料理の「ロッキード」100円ってなんだかわかりますか?
僕は生まれる前なので知りませんでした…
ぜひ注文してみてください。

西川口「広瀬川」
posted by 西川口 見てある記 at 18:29 | TrackBack(0) | 居酒屋

2010年02月23日

居酒屋 けんちゃん

初めての独り居酒屋です。
お店はコンビニ「コスモス」を一本入ったところにある「けんちゃん」
地元の常連さんが通っていそうな隠れ家的な店構えではありますが、この手の居酒屋にしては比較的入りやすい印象を受けました。

「おつかれさまです」

店に入るとママがアットホームに出迎えてくれます。
まさかこの年で居酒屋「ママ」文化に触れるとは。
内心場違いなんじゃないかとドキドキでした。

店内はカウンター席が10席ほど。こざっぱりとして常連臭さがないあたりが初めての人にもウェルカムと言ってくれているようです。

「ここは初めての人も良くくるんですよ。若い人、女性のお客さんが多い店なんです。」

お通しと熱燗を頂きながらママとしんみり会話します。
IMG_0254r.jpg
この店が西川口に来たのは4、5年まえだという。ちょうど西川口が違法風俗で染められていた頃だ。その頃と比べれば街は安全になったものの、人通りはめっきり減ったという。

それでも9時を回るとちらほらと常連さんらしきお客さんが入ってくる。
家に帰る前にママと一杯。
郊外の自宅に寝に帰るだけとは良く言いますが、以外とこういうところでちょっとした交流をすることが明日の活力になって行くのかもしれません。


さて、オススメを伺ったところ、肉じゃがや松前漬け、刺身などがオススメというので、肉じゃがとトロ刺しを頼んだ。肉じゃがは甘めの味付けで全体的に良く染みていてGood。熱燗に良くあいます。トロはとっても新鮮で脂の乗りもよく、こちらも申し分ありません。
IMG_0255r.jpg

味付けが癖がなく、大変上品なので、この機会にと手作りの牛筋煮込みも頼んでしまいました。結果大当たり。最近食べた牛筋煮込みの中では随一かと。肉がほろほろで多の具材とも良く絡んでおり、口に入れると各具材のうまみが一杯に広がります。酒がすすむすすむ。残念ながらこの時点で相当酔っぱらっていたので写真は撮り忘れてしまいました。是非お店に行って味わってみてくださいね。


常連さんとの話(人生相談?)も進み、気がつくといつの間にか夜中の2時近くに。お店は午前3時頃までやっているそうですが、さすがにそろそろ帰ることにしました。
ママも常連さんもすぐ打ち解けられて、なんだか色々な人と話にまた来たくなるようなお店でした。


居酒屋 けんちゃん
埼玉県川口市西川口1丁目27−17
048-254-3373
休み:日曜日

posted by 西川口 見てある記 at 20:14 | TrackBack(0) | 居酒屋

居酒屋「ちゃい九炉」

西川口のチャレンジ店舗としてオープンした「ちゃい九炉」で飲んできました!

食べ物は串ものが中心。串ものといっても、やきとりややきとんといった「串もん 焼」、おでんなどの「串もん 煮」、串揚げを中心とした「串もん 揚」といろいろあり、どれも1本90円代から高くても150円でリーズナブルなのがうれしいところです。
お邪魔した日は寒かったので、1杯目のホッピーといっしょに「串もん 煮」の盛り合わせ(890円)をオーダーしました。この盛り合わせ、オーダーするときに、多少であれば盛り合わせるものの希望を聞いてくれます。
盛りあわせには大根やちくわ、ちくわぶ、玉子、こんにゃくなどが盛りつけられています。大根は真ん中まで味が染みていました。煮物のやさしいやわらかさと暖かさが冬によかったです。

串もん 煮 盛り合わせ @ちゃい九炉
串もん 煮 盛り合わせ


2杯目は日本酒。店主さんのおすすめは、京都・伏見の「玉乃光」だそうです。玉乃光の数種類の銘柄がありますが、その中で今回オーダーしたのは、「純米吟醸 山廃」(580円)。昔ながらの製法で、通常の倍の時間をかけてつくっているのだとか。冷でいただきましたが、香りのよさが残る一杯でした。暖かく香る料理と冷でも香り深い日本酒はオススメです。
日本酒のほかにも、焼酎も鹿児島や宮アを中心に、地元埼玉の紅赤芋をつかった焼酎などもあり、種類が豊富です。

串もんが中心のちゃい九炉ですが、「自慢の逸品」は外せません。
素材自慢の料理の中でも、朝〆豚シリーズがオススメだそうです。文字通り、朝3時半に絞めた豚を用いた新鮮な料理。酢もつやミミガー、ねぎタンなどがあるなか、オーダーしたのはレバテキ(490円)。絞めたての豚レバーをさっとあぶった料理で、特に鮮度が自慢だそうです。たっぷりとネギを盛った厚切りの新鮮なレバテキは、お酒との相性が特によい一品でした。

レバテキ @ ちゃい九炉
朝〆豚 レバテキ

自慢の逸品のなかには、手作り自慢の料理もあります。
店仕込み自慢の揚げたてがんも(380円)は、店で手作りしているがんもどき。たくさんの具材の入ったがんもは、なんとオーダーが入ってから揚げているそうです。
食べてみると、サクッとした食感で、いつも食べているフニャっとしたがんもどきの食感とは全く違います。揚げ物でありながら、日本の食べ物らしい繊細な味わいで、日本酒とのコンビネーションがよかったです。

店仕込み 自慢の揚げたてがんも @ ちゃい九炉
店仕込み 自慢の揚げたてがんも

食べ物はほかにもお手軽料理やごはんものも充実していました。

店内は懐かしい雰囲気で、気軽に入って飲めるのがよかったです。店主さんも気軽に声をかけたり、オーダーの相談に乗ってくれたりと、楽しく話しをしながらゆっくりできるお店でした。
ぜひ、皆さんも仕事おわりに友人と行ってみて、気軽な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店主さん @ ちゃい九炉
楽しい店主さん

posted by 西川口 見てある記 at 13:18 | TrackBack(0) | 居酒屋

2010年02月16日

ぼったら げそ屋

西川口駅から徒歩2分、線路からほど近いところに控えめにたたずむ「ぼったら げそ屋」。店名だけでは何を出すお店かまったく想像がつきません。

とりあえず店内に入ると鉄板焼きのテーブルが4席。
壁のメニューには「ぼったら一人前300円」文字が。
どうやら「ぼったら」を目の前で焼きながら食べるらしい。

でも「ぼったら」って何???

飲み物を注文した後店員さんに聞いてみます。

「もんじゃ焼きみたいなものですね。でももんじゃ焼きとは違って土手を作ったりしません。」

なるほど、メニューにはトッピングが沢山乗っています。お好みで混ぜられるんですね。

「昔はキャベツだけっだったりしてもっと安っぽい食べ物だったんだけど。」

ちなみに自分はまったくなじみのない食べ物ですが、人によっては懐かしく感じるようです。お客さんは割と若いひとが多く、ぼったらの古新しい感じが若い世代を引きつけているのかもしれません。

とりあえずノーマルと明太子+チーズのトッピングを注文。

鉄板を良く熱して油を引いたところに一気にタネを流し込みます。
IMG_0175r.jpg
じゅわっという音と同時に小麦粉の良い香りが漂います。

しばらく混ぜてからお好みでソースや鰹節、青のりなどをかけて食べます。
ちなみにタネはそのままでも十分味がついているので、私は何もつけず頂きました。

生地を伸ばして「おせんべい」を作ったり、いろいろな食べ方が楽しめます。
鉄板を介してコミュニケーションも広がりますね。

その他海鮮トッピングやボンビーやきそばなど同様に鉄板で焼いて頂きました。
どれも300~400円ぐらいの値段で、長い時間飲んでいてもお財布が気になりません。


「ぼったら」

この古いんだけど逆に新しく、楽しい響きを是非体験してみてはいかがでしょうか。


ぼったら げそ屋
西川口1-3-17

<メニュー>
ぼったら一人前 300円

トッピング・・・げそ、えび、あさり、ほたて、豚、明太子、ツナ(各100円)
        ラメック、たまご、ねぎ、チーズ、もち、カレー粉(各50円)

きまぐれサラダ 400円
ボンビーやきそば 380円
たこ焼き 500円
鉄板焼き各種(150円〜300円)
posted by 西川口 見てある記 at 15:02 | TrackBack(0) | 居酒屋