2009年12月23日

手作りパン工房&木工房 SELP すいーつばたけ

西川口からはだいぶ離れまして、安行の外環沿いにある“手作りパン工房&木工房 SELPすいーつばたけ”行きました。

このお店、自閉症の方たちの社会貢献と生きがいづくりを支援しているNPOめだかふぁみりぃが運営している施設兼工場なのです。NPO運営とあってこじんまりとしているかと思いきや、パン工場をはじめクッキー工場、木工房、農場、デイケア施設、とかなり大規模で、のどかな安行の風景にとけこみつつも存在感を醸し出していました。中も広々、日当りも良くぽかぽかで本当にリラックスできる場所です。

今回はこちらのNPOの代表の方にヒアリング取材をしに行きました。
福祉のNPOでもこれだけ事業性をもってやる団体は数少なく、その要因は何なのかといろいろお伺いする中で、「地域の中で自閉症の人たちが受け入れられ、生き生きとできる環境づくりをしたい」という、しっかりとしたビジョンと地に足のついた活動こそが、周囲の人々の信頼と共感を呼び、様々な事業に結びついていったのかなと。そういう結論に達しました。

“自己実現・生き甲斐づくり”という“手段合理性”を基盤にしながらも数々の質の高い製品や事業を生み出しているめだかさんの事例は、事業仕分けという“目的合理性”だけが叫ばれる昨今、何か根本を問い直しているように感じられてなりません。


さて、今回ヒアリングのお土産にパンを頂いてしまいました。
すいーつばたけのパンは、障害のある人たちのパン・菓子コンテストであるユニバーサルベーキングカップの第三回大会で銀賞をもらったほど実力のあるものなのです。以前から食べたいとは思っていたものの、今日ヒアリングしたのが祝日なのであきらめていたのですが、ご好意で頂いてしまい、誠にラッキーというか、折角なので店内に売っていた美味しいと評判の紅茶も購入し、これで今日のティータイムは言うことなしと。

ちなみにスイーツばたけでは様々なものを売っており、施設で作られた食品や工芸品はもちろん、今回買った静岡の紅茶や金沢の無農薬米など、グローバルに展開しているのが見逃せないです。
IMG_0541.jpg
頂いたマーマレードパンと静岡県藤枝産の国産紅茶。
手前のお箸はこれまた川口のNPO市民環境会議さんが手がけた純川口産のお箸。
そろそろコラボにお箸が欲しいと思ったので購入。
割り箸よ、さようなら。


IMG_0547r.jpg
たっぷりマーマレードのパンと、砂糖なしで飲める香り豊な紅茶がベストマッチ!


すいーつばたけ
http://www.medakafamily.jp/index.html
posted by 西川口 見てある記 at 15:08 | TrackBack(0) | 物販店

2009年11月21日

アジア物産

コ・ラボに居てグァバジュースが急に飲みたくなったので西川口にある「アジア物産」という食品雑貨店に行った。

どこら辺の“アジア”かと思って店内を物色してみたのだが、どうやら東南アジアが中心のようだ。

食材が豊富にあるのだが、何の食材だかさっぱりわからない。
かろうじて空芯菜とバナナの花はわかったのだが^^;

食料品以外にも日本の“おもちゃ”や、ドラマか映画かが録画されているビデオテープなど、およそ日本のセンスらしからぬものが所せましと置いてある。ここを利用する人に需要があるのだろうか。

あまりの訳のわからなさに目的のものをさっさと見つけて店を出てしまった。

今度東南アジア通の友人を連れて一緒に来てみようと思う。

20091017 026.jpg

グァバジュース(右側):¥100

トムヤムスープの素(左側)も見つけたのでついでに購入。
カップラーメンに小さじ二杯ほど入れると見事にトムヤム味になる。家庭で手軽にすっぱ辛い味が楽しめる。¥300なり。

追:
グァバジュースを買うときに思ったのですが、アジア物産には他にも色々と見たことの無い飲料がありまして、カエルの卵が無数に詰まったような飲料とか、真っ黒な液体とか、そういうものがタイ語とかで書かれていても本当になんだか分からない。日本語のラベルが上から張られていてようやく、“バジルシード”ね、とか、コーヒー飲料ねというのが分かる。あと果汁何%だとか、原材料は何かとか、分からないと正直こわくて手が伸びない。

で、これって日本に来た外国人の方も同じなんじゃないだろうかと。日本に自動販売機たくさんありますが、実際になんだか分からなくて結局無難にペプシ買ったとかあったりするんでしょうか?
まあ、日本の飲料は比較的視覚で分かりやすいとは思いますが・・・


大きな地図で見る
posted by 西川口 見てある記 at 16:09 | TrackBack(0) | 物販店