2010年02月23日

居酒屋「ちゃい九炉」

西川口のチャレンジ店舗としてオープンした「ちゃい九炉」で飲んできました!

食べ物は串ものが中心。串ものといっても、やきとりややきとんといった「串もん 焼」、おでんなどの「串もん 煮」、串揚げを中心とした「串もん 揚」といろいろあり、どれも1本90円代から高くても150円でリーズナブルなのがうれしいところです。
お邪魔した日は寒かったので、1杯目のホッピーといっしょに「串もん 煮」の盛り合わせ(890円)をオーダーしました。この盛り合わせ、オーダーするときに、多少であれば盛り合わせるものの希望を聞いてくれます。
盛りあわせには大根やちくわ、ちくわぶ、玉子、こんにゃくなどが盛りつけられています。大根は真ん中まで味が染みていました。煮物のやさしいやわらかさと暖かさが冬によかったです。

串もん 煮 盛り合わせ @ちゃい九炉
串もん 煮 盛り合わせ


2杯目は日本酒。店主さんのおすすめは、京都・伏見の「玉乃光」だそうです。玉乃光の数種類の銘柄がありますが、その中で今回オーダーしたのは、「純米吟醸 山廃」(580円)。昔ながらの製法で、通常の倍の時間をかけてつくっているのだとか。冷でいただきましたが、香りのよさが残る一杯でした。暖かく香る料理と冷でも香り深い日本酒はオススメです。
日本酒のほかにも、焼酎も鹿児島や宮アを中心に、地元埼玉の紅赤芋をつかった焼酎などもあり、種類が豊富です。

串もんが中心のちゃい九炉ですが、「自慢の逸品」は外せません。
素材自慢の料理の中でも、朝〆豚シリーズがオススメだそうです。文字通り、朝3時半に絞めた豚を用いた新鮮な料理。酢もつやミミガー、ねぎタンなどがあるなか、オーダーしたのはレバテキ(490円)。絞めたての豚レバーをさっとあぶった料理で、特に鮮度が自慢だそうです。たっぷりとネギを盛った厚切りの新鮮なレバテキは、お酒との相性が特によい一品でした。

レバテキ @ ちゃい九炉
朝〆豚 レバテキ

自慢の逸品のなかには、手作り自慢の料理もあります。
店仕込み自慢の揚げたてがんも(380円)は、店で手作りしているがんもどき。たくさんの具材の入ったがんもは、なんとオーダーが入ってから揚げているそうです。
食べてみると、サクッとした食感で、いつも食べているフニャっとしたがんもどきの食感とは全く違います。揚げ物でありながら、日本の食べ物らしい繊細な味わいで、日本酒とのコンビネーションがよかったです。

店仕込み 自慢の揚げたてがんも @ ちゃい九炉
店仕込み 自慢の揚げたてがんも

食べ物はほかにもお手軽料理やごはんものも充実していました。

店内は懐かしい雰囲気で、気軽に入って飲めるのがよかったです。店主さんも気軽に声をかけたり、オーダーの相談に乗ってくれたりと、楽しく話しをしながらゆっくりできるお店でした。
ぜひ、皆さんも仕事おわりに友人と行ってみて、気軽な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店主さん @ ちゃい九炉
楽しい店主さん

posted by 西川口 見てある記 at 13:18 | TrackBack(0) | 居酒屋

2010年02月20日

どんぶりと酒の店 どんぐり

西川口駅東口を散策していると、どんぶりとお酒のお店どんぐりという大きな看板のお店を見つけたので、さっそく「どんぐりに」入ってみました。

店内は外観とは違っておちついた雰囲気。木を多く使っていて、厨房に面したカウンターとテーブルの席があります。丼のお店というよりはカフェや喫茶店のような雰囲気。

ランチタイムのセットメニューがメインのようです。主人に聞いてみたところ、「かつ丼」(900円)がおすすめとのこと。
このかつ丼に「どんぐり」では、「彩の国愛彩豚」を使っているそうです。この彩の国愛彩豚は、名前のとおり埼玉県のブランド豚で、熊谷市で育てているようです。また、かつ丼の卵にはこれまた埼玉県産の「彩たまご」を、お米も埼玉県産のものを使っているとのこと。まさにこだわりの逸品ですね。

どんぐり・かつ丼
かつ丼(セット)

このかつ丼、出されてまずその大きさにびっくり。かなりボリュームがあります。愛彩豚のカツはやわらかくて甘みがあり、ふんわりとした彩たまごがそこにからみます。こだわりの一品は、味もボリュームも満点です。

ちなみにランチセットの「鶏天丼」は、津軽地鶏を使用しているそうです。

ランチセットは、かつ丼や鶏天丼のほか、親子丼やその他多様な天丼などがあります。これらランチのセットには、豚汁にサラダ、お新香も付いていて、値段は500円〜900円。食材にこだわっているのにお手頃なのが大きな魅力ですね。

夜にもこの愛彩豚や彩たまご、津軽地鶏を食べることができます。これらを使った料理に加えて、一品料理や天ぷら、揚げものが中心ですが、値段設定は低めで、300円から500円代の料理も多いです。最近270円均一の居酒屋も出てきているようですが、この値段設定なら、ブランド豚や鶏、卵を使っているお店の方がいいですね。
夜はお酒も揃っていて、ここも埼玉県にこだわって「文楽」というブランドの埼玉・上尾の日本酒を置いているようです。九州の焼酎や定番の生ビール、酎ハイももちろんあります。

昼でも夜でも、一度言ってみる価値があるお店だとと思います。

どんぶりとお酒の店 どんぐり
埼玉県川口市並木4−4−1

◆参考
愛彩豚:http://www.wata-boku.com/
彩たまご:http://www.sai-tamago.com/
酒造文楽:http://www.bunraku.net/
posted by 西川口 見てある記 at 15:55 | TrackBack(0) | 和食

2010年02月19日

日本料理 やわら

西川口駅東口から蕨方面を歩いてほどなく「うなぎ」ののぼりが表にたつ、立派な外観の日本料理屋「やわら」がある。

外観だけ見るととても学生がふらっと入れそうにない高級さを醸し出しているが、表のメニュー(こういうのあると安心するよね)を見ると価格設定は驚くほど普通だ。というかこの手の料理屋にしては破格な気がする。ランチメニューは高くても1200円。うなぎ、焼き魚など、だいたいが7、800円というライン。

今回はオススメというすき焼き定食(790円)を頼みました。
IMG_0194r.jpg
790円でこのボリューム。
ポテトサラダとお新香、お味噌汁がついてきます。
ご飯もつややかでとても美味しい。

お店の中は広々としていて、外側にテーブル席と真ん中に馬蹄型カウンター席がある。調理場(炭火焼)を取り囲むようにカウンター席があり、ガラスで見えるようになっていて、食べながらうなぎや魚の焼ける様子をまじまじと見れる。なんかこれを見ると急にうなぎか焼き魚を食いたくなってくる。

店内を見渡してみると、中高年がやはり多い。この価格帯でこのクオリティはまさに中高年キラー。でも個人的には7、800円かけてラーメン一杯食べるより、多彩に飛んだやわらの日本料理の方が魅力を感じてしまう。

西川口でちょっと落ち着いて食事をしたい時はとても重宝する店だと思います。
宴会席も2Fにあるみたいなので、大人数でわいわいというのもOKですね。
店員さんの対応もグッドで、西川口には珍しい、”おもてなし”が楽しめるお店です。

日本料理 やわら
川口市並木3-14-10
048-257-4179
posted by 西川口 見てある記 at 18:51 | TrackBack(0) | 和食

手打そば 一花

西川口駅から少し離れた静かな住宅街の中にあるそば「一花」に行ってきました。集合住宅の1階に店を構えていますが、白を基調に木材を使った外観でお洒落なお店です。
店内も全体的に白が基調で、木目調のテーブルが並び、柔らかな光が溢れていて落ち着いた雰囲気です。日本画がいくつか飾られていて、モダンな和風のお店です。

メニューには温かいそば・冷たいそばの他、おつまみや飲み物も充実していました。ランチタイムにはセットメニューもあります。
今回はセットメニューをオーダーしました。セットメニューには冷たいそばの他に、かきあげ丼と卵焼きがついています。とりめしやサラダをチョイスすることもできます。

そばは手打ちのようで、比較的細め、2やまに盛り付けられてきます。おつゆは濃いめで、さっとつけて食べるとちょうど良いように思いました。付いてきた薬味の生わさびはおろしたてのようで、おそばを食べながらこのわさびをちょっと口に運ぶと口の中に辛みのきいた香りが広がります。こういった細かいところへのこだわりが、とてもすてきですね。

セットでついてきた卵焼きも逸品でした。だしの効いた甘めの味付けで、卵の風味がふんわり広がり、まさにお蕎麦屋さんの卵焼きといったところでしょう。
さくっとしたかき揚げにたれがたっぷりかかったかき揚げ丼も付いて、ランチセットはボリュームも満点です。

一花 ランチセットB 一花 ランチセットB(温かいそば)
(左)ランチセットB:冷たいおそばとかき揚げ丼、卵焼き、お新香
(右)ランチセットB:温かいおそばととりめし、卵焼き、お新香
ランチセットBは980円(温かいおそばは+100円)
このほかにランチセットA(780円)や、せいろなどの単品のお料理も、冷たいもの、温かいものそれぞれ多様にありました。

お店の方に伺ったところ、お店はオープンしてから3年半位。
特にお水にこだわっているようです。

「一花」は本格的なそばを味わえるお店です。
おいしいそばを、純和風で落ち着いた雰囲気でおちついていただけます。
ぜひ一度ご賞味ください。


住所: 埼玉県川口市西川口3−34−1
     西川口3丁目仁志町公団1F
電話: 048−256−4525
営業時間:平日 11:30〜14:30 (L.O.14:00)
           18:00〜21:30 (L.O.21:00)
      日曜 12:00〜15:00 ,17:00〜20:00
定休日: 月曜日、第3・第5火曜日
posted by 西川口 見てある記 at 15:15 | TrackBack(0) | 和食

韓国料理 情マル

西川口1丁目(西川口から徒歩で3分程)にある韓国料理のお店「情マル」に行ってきました。
情のある所という意味を持っている「情マル」。
マルとは床という意味の韓国語です。
伝統的に韓国人は床に座って、家族だけでなく隣人とともに食事をしたり、お茶を飲んだりすることで人情を感じる空間として利用されてきました。

こちらのお店は開店してから3ヶ月目で、とてもきれいなところでした。
韓国の雰囲気が満ち溢れるお店の入口には、こちらで食べられる料理を紹介するメニューの写真があり、店内の入ると7〜8卓のテーブルがありました。
調理をしている60代くらいのおばさんは日本語が全くできないのですが、今は息子さんがここを切り盛りしていて、手伝っていると言っていました。
このおじさんは今でも韓国の清州(チョンジュ)市で、大きい食堂を経営しているそうです。

今日、私たちが選んだメニューは「海苔巻」と「タットリタン」!
タットリタンの調理時間に15分程度必要との事だったので、簡単に食べることができる韓国式海苔巻も注文しました。

韓国式海苔巻は3分ほどで出てきました。風味があるゴマ油の香り、海苔の中にご飯と野菜がぎっちりと詰まった韓国式海苔巻は、忙しいお客さんでも手軽に楽しむことができる料理です。海苔巻といっしょにおかずも出していただけます。
いっしょに出される多様なおかずも韓国の料理の特徴。韓国の方は、日本で牛丼などを食べると、ちょっと味気なく感じてしまうのだそうです。

韓国風海苔巻
「韓国風海苔巻 と おかず」

タットリタンは、鶏肉と野菜を辛いスープで煮た韓国の煮込み料理です。丸鶏をぶつ切りにした骨付き肉とジャガイモや人参、玉ねぎなどの野菜を炒め、スープや水を注ぎ、コチュジャン、粉唐辛子、砂糖、おろしたニンニクやショウガなどを合わせた調味料で辛く煮込んでいきます。肉やジャガイモが柔らかくなったら味を調え、、刻んだ長ネギやエゴマの葉、青唐辛子スライスなどを乗せて完成です。
柔らかい鶏肉と各種野菜、そしてコチュジャンの甘みと辛みが調和したタットリタンは、私たちの食欲をそそりました。タットリタンは2人前から注文が可能です。2人前で2000円と安かったです。

タットリタン(2人前)
「タットリタン」


本来は昼ご飯よりも夕ご飯に韓国焼酎とともに味わえばより一層、タットリタンは日本人にも好まれる食べ物と言えます。
お店は夕方になると多くのお客さんで賑わい、日本語のできる息子さんもいらっしゃるので言葉の問題は全くないそうです。

海苔巻: 500円
エンダクトリタン: 2000円(2人前)
ご飯: 200円

営業時間: 午前11時〜朝4時
電話: 048−256−3134
住所: 埼玉県川口市西川口1丁目19−1
posted by 西川口 見てある記 at 14:33 | TrackBack(0) | アジア・エスニック

2010年02月18日

北海道ラーメン コシ屋

川口のラーメンで比較的有名な「コシ屋」に行ってきました。

西川口駅からだいぶ歩いて少々不安になってきた頃に黄色い外観と共に現れます。
駅から昼飯を食べるためだけに行くとしたらちょっと遠い。

店内に入るとカウンター席が10席ほど。
14時過ぎに入りましたがお客さんが割と居て人気店だということが伺えます。
壁にも川口オートの選手らしき色紙が沢山張ってあり、根強い客層がこのお店を支えているんだなぁと。

さて、席について迷いなくみそラーメン(700円)を頼みます。
口コミでもウマいと評判です。
IMG_0191r.jpg

スタンダードではもやし、きくらげ、ねぎ、めんま、チャーシューがのっています。

スープははじめガツンと、次第に舌になじんでまろやかさとスープの奥深さが出てくる何とも不思議なかんじ。味噌のしつこさもなく、久々にウマい味噌スープと出会えたと自信を持って言えます。

チャーシューは橋で持つと崩れるほどとろとろ。
薄めなので面に巻いて食べます。
単体で食べるよりたぶんこのほうがウマい。

面を食べ終わった後はスープをじっくり楽しみます。
全体的にしつこくないのでスープもほぼ飲み干せる勢いでした。
一口ごとに印象が変わるのがやっぱり不思議。

非常に寒い一日でしたが、コシ屋のみそらーめんでおなかのそこからあたたまりました。


北海道ラーメン コシ屋
埼玉県川口市西青木1-9-15
048-256-8270

平日: 午前11:30~午後3:00
午後6:00~11:00
日・祝日:午前11:30~午後10:00
定休日:水曜
posted by 西川口 見てある記 at 17:48 | TrackBack(0) | ラーメン

2010年02月16日

ぼったら げそ屋

西川口駅から徒歩2分、線路からほど近いところに控えめにたたずむ「ぼったら げそ屋」。店名だけでは何を出すお店かまったく想像がつきません。

とりあえず店内に入ると鉄板焼きのテーブルが4席。
壁のメニューには「ぼったら一人前300円」文字が。
どうやら「ぼったら」を目の前で焼きながら食べるらしい。

でも「ぼったら」って何???

飲み物を注文した後店員さんに聞いてみます。

「もんじゃ焼きみたいなものですね。でももんじゃ焼きとは違って土手を作ったりしません。」

なるほど、メニューにはトッピングが沢山乗っています。お好みで混ぜられるんですね。

「昔はキャベツだけっだったりしてもっと安っぽい食べ物だったんだけど。」

ちなみに自分はまったくなじみのない食べ物ですが、人によっては懐かしく感じるようです。お客さんは割と若いひとが多く、ぼったらの古新しい感じが若い世代を引きつけているのかもしれません。

とりあえずノーマルと明太子+チーズのトッピングを注文。

鉄板を良く熱して油を引いたところに一気にタネを流し込みます。
IMG_0175r.jpg
じゅわっという音と同時に小麦粉の良い香りが漂います。

しばらく混ぜてからお好みでソースや鰹節、青のりなどをかけて食べます。
ちなみにタネはそのままでも十分味がついているので、私は何もつけず頂きました。

生地を伸ばして「おせんべい」を作ったり、いろいろな食べ方が楽しめます。
鉄板を介してコミュニケーションも広がりますね。

その他海鮮トッピングやボンビーやきそばなど同様に鉄板で焼いて頂きました。
どれも300~400円ぐらいの値段で、長い時間飲んでいてもお財布が気になりません。


「ぼったら」

この古いんだけど逆に新しく、楽しい響きを是非体験してみてはいかがでしょうか。


ぼったら げそ屋
西川口1-3-17

<メニュー>
ぼったら一人前 300円

トッピング・・・げそ、えび、あさり、ほたて、豚、明太子、ツナ(各100円)
        ラメック、たまご、ねぎ、チーズ、もち、カレー粉(各50円)

きまぐれサラダ 400円
ボンビーやきそば 380円
たこ焼き 500円
鉄板焼き各種(150円〜300円)
posted by 西川口 見てある記 at 15:02 | TrackBack(0) | 居酒屋

中華料理 文忠(ぶんちゅう)

陸橋の通りを一本入ったところマンションの一階にこじんまりとした中華料理屋がありました。表の看板には「手作りブレンド味噌ラーメン」という看板が。中華料理屋なのに味噌ラーメンを全面に押し出すという珍妙なテイストに引かれて思わず入ってしまいました。

店に入るとおやじさんが一人。
テーブル席が2つ、カウンター席が7、8という小さなお店。
第一印象は「厨房とテーブルがやたら近い」
最近食べるのに集中したいというお客さんの為に厨房を一段高くしたり壁で遮ったりして物理的・精神的に遠ざけるお店が多いのですが、このお店はなんというかフラット&オブジェクトフリー。ある意味新鮮。

メニューも一風変わったものがあります。
マーボーつけ面、石焼きやきそば、などなど、斬新なセンスが光っています。久々にわくわくするお店です。

ですが一回目で冒険はしません。ここは表の看板にあった本格味噌ラーメンを無難に頼みます。

注文すると目先2、3mのところで早速調理が始まります。
障害物がないので調理過程は全て丸見えです。本当の食の安全志向ってこういうことをいうんでしょうか。

なんてくだらないことを考えている間にあっという間に調理完了。
IMG_0157r.jpg
IMG_0158r.jpg

味は正に正統派といったところ。
濃厚な味噌スープにちぢれ面が相性よし。
とりわけ感動もないですが、不可もなし。
若干チャーシューが薄いのが玉にきずかな。

次行ったときは是非石焼やきそばかマーボーつけ面に挑戦しようと思います。

文忠
048-251-9737
埼玉県川口市西川口1-27-12

手作りブレンド味噌ラーメン700円
マーボーつけ面700円
ラーメンセット半チャーハン950円
石焼きやきそば850円
posted by 西川口 見てある記 at 13:57 | TrackBack(0) | 中華

韓国料理 焼肉姉妹

西川口でも韓国料理の固有の味を感じることができます。最近、韓国ドラマが放映され、韓国カルチャーに関心を持つ人々がとても増えているようです。韓国料理に対する関心も高まっていて、新大久保へ行く人がたくさんいるという話を聞きました。もちろん新大久保に行けば多様な韓国食文化を楽しむことができますが、西川口でも韓国の食文化を楽しむことができます。

西川口駅の西口を降りて、左側にある「焼肉姉妹」という店では、韓国オリジナルの食べ物の味を楽しむことができます。店の入口を入れば、韓国料理がよくわからない人にもよくわかるメニューの写真を壁に貼ってありました。

ソルロンタン カルビタン
ソルロンタンとカルビタン

ちょっと早い昼ご飯に食べたのはソルロンタン!ソルロンタンは、牛の肉・骨で作る代表的な白濁スープで、食前に各自で味付けする韓国料理です。

汁味が濃くて肉味も一品でした。韓国留学生の私にとって、西川口でも本場韓国の味を感じることができる料理でした。ソルロンタンを注文すれば、キムチをはじめとする5種類のおかずをいっしょに出していただけます。おかずも逸品でした。

いっしょに出していただいたおかず

ご主人はやさしく気さくな方で、足りないご飯やおかずのおかわりをサービスしてもらえました。800円で簡単に食べられるソルロンタンはおすすめです!
この他にもカルビ、サムギョプサル(豚肉の焼肉)などを通じて、韓国の味を感じることができます。
posted by 西川口 見てある記 at 13:04 | TrackBack(0) | アジア・エスニック

2010年02月13日

からだにやさしい中華 太月

この前とは違って、雪が降るほど寒かったですね。
体が温まるものが食べたい!と思ったので
ラーメンを食べてきました。

西川口駅の西口を降りて、正面の大通りを行き、
ひとつめの交差点を右に曲がったところにある「太月」です。

店内はカウンターとテーブル席が3つほど。
気負わずに入れて、落ち着いてご飯が食べられます。

ちょっと遅めの昼ご飯になりましたが
「川口ラーメン」にすることに決定!
やっぱり川口ならではのものに惹かれてしまいます。

おしぼりと一緒に出てきたのは、ジャスミン茶でした。
いい香りだし、温まります。


IMG_1142[1].jpg
こちらが川口ラーメン。
ボリュームたっぷりで650円。

細麺と塩ベースのあっさりしたラーメンです。
上の野菜炒めもとろみがついいて、これがまたおいしいです。
キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、そしてひじきと油揚げ!
これは・・・キューポラ定食の鉄骨いなりにちなんででしょうか。

いっしょにタバスコが出てくるので、
後半はちょっと入れてみました。
塩のあっさりした味に、ピリッとしてこれもおいしかったです。


実は最後に杏仁豆腐をサービスしていただきました。
舌がピリッとしていたので、食後にピッタリでした!

中華というと油がいっぱいというイメージですが
野菜たっぷりで、あっさりとした中華料理屋さんです。

お酒も種類豊富ですので、ディナーにもおススメです。

からだにやさしい中華
太月―たげつ―
川口市西川口1-6-5
048-256-2229
posted by 西川口 見てある記 at 14:39 | TrackBack(0) | 中華